バックパッカーでカリフォルニアへ!医学部合格から今度は世界を目指す!!

執筆者について

アテンションプリーズ

アテンションプリーズ

将来は発展途上国等で医療ボランティアを目指す医師志望者です。主に勉強について書いています。

注目記事

最新の記事

東京なら全寮制・私立専門・多浪・再受験向けにピッタリの医学部予備校が見つかる!

2018.10.31

Pocket

日本で一番医学部予備校の数が多いのはやはり東京であり、医学部の数も一番多い地域となっています。医学部予備校が数多く集まる東京では、各校が生き残りをかけるため、他校にはない独自色を打ち出し、受験指導を行っています。つまり、医学部予備校ごとの強みが明確であり、受験生にとっては選びやすいメリットがあります。

まず、高卒生で集中して受験勉強に専念したい人は全寮制の医学部予備校がおすすめです。この場合、都内にある東京医進予備校がおすすめとなります。当校は校舎と寮が一体となっており、夜遅くまで学習しても安全な環境が提供されています。しかも徒歩0分なので通学ストレスや交通トラブルの心配もなく、毎日受験勉強に集中できるメリットがあります。

次に、医学部合格の可能性を高めるために最初から私立に絞って対策する受験生も少なくありません。そんな受験生にはウインダムが高い合格実績で有名です。私立大学医学部に特化した受験指導を行うウインダムでは、実に生徒の2人に1人が医学部進学を実現しており、指導力の高さが合格率の高さを裏付けています。授業は対話型を採用し、ただ参加するだけの授業とは一線を画しているので、授業内での理解度が違います。

逆に金銭的に国公立しか目指せない受験生もいることでしょう。そんな人は医学部予備校として40年以上の指導実績を誇る野田クルゼがあります。国公立専門ではありませんが、対策コースを設置しており、毎年高い合格実績を誇っています。医学部予備校では数少ない直営寮を完備する予備校でもあるので、親元を離れて学習する人にも理想的な環境が用意されています。

最後に医学部受験の特徴として、3浪・4浪の人が多いことです。受験勉強は長期化するほど合格が難しくなると言われています。そんな多浪生に強いと評判なのが慶応進学会フロンティアです。当校では、多浪生向けの独自の支援プログラムを設け、原因追求と解決策を作り込んでいくシステムが確立されています。また、社会人への医学部指導にも力を入れている医学部予備校の1つで、合格まで責任を持ってしっかりとサポートしてくれるのが特徴です。このように東京にはそれぞれのニーズに応じた医学部予備校が見つかるので、最適な学習環境下で医学部合格を実現できます。

東京の医学部予備校を徹底比較!!

xn--0kq33cz5c8wmwrqqw1d.tokyo

 

TOPページに戻る>>

page top